Month: 11月 2016

低金利の消費者金融の内容

実際に低金利による貸し付けを行っている消費者金融の低金利内容を見てみると、例えば、5万円までであれば、180日間無利息、また年利についても4.5%から18%と低くなっている消費者金融があります。最高融資額はこの消費者金融の場合、500万円となりますが、金額に応じて低金利での借り入れができます。

また金額に関係なく30日間の間に返済すれば、無利息というサービス展開を行っている所もあります。条件として、メルアド登録、またWeb明細の利用登録が必要ですが、こうした条件の中で無利息期間を利用出来るというのはかなりお得です。ここも、年利は4・5%から17.8%で、金額に応じた低金利による借り入れが可能です。

 

ただ、消費者金融の借り入れについては、総量規制を受けるため、年収の1/3以上借入できません。そのため、自分の年収によって借入金額が変わってきます。こうしたことを踏まえて、どの消費者金融を利用すれば、一番返済が楽になるのか、自分にとっていい融資となるのかしっかりと考えてみましょう。

もちろん、返済について計画性を持ち、延滞とならないように考える事も必要です。延滞となると、延滞の為に金利が上乗せされるという事になるので、返済がきつくなっていきます。

低金利になったことでのデメリット

低金利になったこと、これは消費者金融を利用する人にとってとてもうれしいことです。返済する金額に直結するのが金利です。これが低金利になったことで借り入れをする側は返済の負担が少し減る事になるのです。でもその代り、審査が厳しくなったという事も言われています。

低金利にすることで以前と同じ金額を貸し付けても、消費者金融が得ら獲る収益が減る事になります。消費者金融は、これで買い倒れ、つまり、貸付した相手が任意整理を行ったり自己破産する事による金融トラブルによって、受け取るはずの返済額を受け取る事が出来ないという事が翁様に、よい一層審査を厳しくする必要があるのです。

 

もしも貸し倒れになりそうという債権者がいる場合、そこに回収のための人員を送る事に人件費がかかりますし、借り入れの申し込みの際、より信頼のおける人に貸し付けを行う、信頼性がない人、トラブルがあった人、続施肥が低い人には貸付できないと判断する事も多くなっています。

低金利を利用出来ることは借り入れをする側にメリットがあります。ただ、しっかりと返済をしていかないと、低金利の業者が少なくなるという事も考えられるのです。審査については債務履歴に傷がない、属性に問題がなければ心配する事もありませんが、きちんと返済計画を立てて借入するという事も忘れないようにしましょう。

金利について

まず金利についてですが、現在も金利が低い順を見てみると、まず大手銀行系のカードローン、次に地方銀行のカードローン、大手消費者金融、クレジットカードのキャッシング、街金などの中小消費者金融となっています。

このうち、大手消費者金融と地方銀行系のカードローンについては、業者によって違いもありますが、かなり金利差が無くなっているといえます。大手銀行系のカードローンを作る場合、必要書類なども多く以前より借り入れまで早くなっているとはいっても、翌日に現金を即借りることができるという事はありません

消費者金融はスピーディに現金を借入したいという人にとって有効的な借入先となります。最近は消費者金融の金利が下がり、低金利がうりという消費者金融もかなり多くなっています。

 

消費者金融の金利が銀行よりも高いのは、消費者金融もお金を借りて消費者金融に貸与するからです。銀行の資金源は預金です。消費者金融の資金源はどこか?というと銀行です。資金調達するためにここですでに5%という金利がかかってしまうのです。変動金利となっているので、景気が悪いという時には2%程度になり、いい時には8%位まで増大します。

銀行からお金を借り入れてそれを資金源に個人などに融資するためどうしても高くなるのです。ただ、消費者金融の中にはコストを徹底的に削減し、出来る限り金利を安く貸し付けを行う事が出来るように努力されているところも少なくありません。

消費者金融利用者は多い

消費者金融というと、昔はダークなイメージがあり、こういうところで借入すると利息が高く、後にトラブルになる事が多いとか、返済がきちんとできればいいか、もしも遅れが生じると督促が厳しいなど聞いたものです。もちろん今も、返済をしなければ銀行と同じように督促が来ます。でも昔のイメージにように厳しい督促や嫌がらせ等は見かけません。こういう事をするとすれば、悪徳業者です。

 

以前はサラ金と呼ばれていた消費者金融ですが、現在は法律に沿ってしっかりと法律内で上限利息を決めて営業している消費者金融がほとんどなので、借り入れをされている方は本当に多くなっています。実に、現在に本全国には1000万人以上、消費者金融等のキャッシングを利用しているのです。お金を借りるという事は慎重にならなければなりませんが、特別な事ではなく、必要な費用があり急ぎという場合など、消費者金融を気軽に、便利に利用されている方が多くなっているのです。

 

関連サイト > 何度でも一週間無利息で即日融資も可能な消費者金融「ノーローン」

 

また、現在、消費者金融の金利は以前よりも格段に低くなっており、以前よりも使いやすくなっています。こうしたこともあり、また消費者金融自体のイメージがかなりよくなったという事も利用者が多くなった要因でしょう。

中にはかなりの低金利で、銀行のキャッシングやローンと変わりなく借り入れできる消費者金融もあり、何かの際に賢く利用できるため知っておくと便利です。当サイトはそんな低金利の消費者金融についてみなさんに紹介させていただきます。当サイトが皆様のよい情報となれば幸いです。